原爆資料館 人形 撤去 松本人志 男泣き

広島市の原爆資料館に展示されている「被爆再現人形」。

原爆資料館の全面的なリニューアルに際し、2016年に撤去される方針に対して、

反対運動が起こっております。

《撤去する理由》

「実物中心の展示にしてありのままを伝える」

「被爆再現人形に関しては、撤去・または代替展示が望ましい」

とのこと。

しかし本音は。。。

こどもが怖がる

怖がるから、親は行かない・行かせない

来館者数が減る。

といったところでしょうか。。。

 

《反対運動の理由》

・積極的に撤去する理由がないなら、展示しといてほしい。

・怖いからこそ、原爆の恐ろしさ・被爆の悲惨さが伝わる。

とのこと。

道理は「反対運動」側にある気がします。

yqEYvmuPESBCDnP-556x313-noPad

↑(現在の被爆再現人形)↑

 

002

↑(1973~1998年に展示されていた、初代被爆再現人形)

 

資料館でピースボランティアを務める被爆2世の永原富明さん(66)

「人形の前で丸1日とどまり、100組近い親子にガイドした。

驚いたり怖がる子供もいたが、何よりまず足を止める。

そして「こんなひどいことがあったんじゃよ。よう見て帰るんよ」

と話しかけると、例外なく子供たちは真剣に聴き入っていた」

という。

546414_c450

image

dfa30594-s

 

追伸


原爆について、

ダウンタウンの松本人志さんがコメント。

感情が昂ぶり、悔しさからか、男泣きされます。

伝わってくるものがあります。

ぜひ、一聴を。

3 Comments

おいちゃん

私は戦後の生まれですけど、あの人形は撤去してはならないと思っています。
なぜなら、原子爆弾の恐ろしさ、戦争の悲惨さを伝えるのにはなくてはならん
という思いがあるからです。それなのに今の安部政権は戦争を引き起こしかね
ないことばかりで、早く辞めてもらいたいですね、現在、山梨県に住んでいま
すが、今だから「ノーモア原爆、ノーモア原発」を声高に言っていきたいですね。

かりん

広島人です。
松本さんがこんなに熱く語ってくれてるの知りませんでした。
松本さんの考え、自分のブログでも発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です