社会 ニュース

【真相】沖田浩之さんの苦悩と結末について

アイドル歌手であり、俳優でもある沖田浩之さん。

1999年(平成11年)3月27日、

自宅で首吊り自殺を図り、お亡くなりになられました。

享年36歳。

合掌

 

奥さまと幼いふたりのお子さまを残しての自殺。

家族を残してでも自死しなければいけない理由とは何か?

すべてに絶望されての自死なのか。。。

何か事件に巻き込まれ手の自死なのか。。。

沖田浩之さんの半生を振り返りながら、考証していきます。

沖田浩之さんが22歳の頃、

女優の山本陽子さんと恋人同士だったとのこと。

若かりし山本陽子さん

img_306618_34953700_28

 

今の山本陽子さん

サウヒワヘロサメ

沖田浩之さん22歳、山本陽子さん42歳という、

歳の差20歳のカップル。

歳の差が理由ではないと思いますが、

ほどなくして破局。

真相は不明なまま。

スポンサードリンク




そんな沖田浩之さんデビューのきっかけは、

「竹の子族」というのは有名。

「竹の子族」とは、原宿のホコテン(歩行者天国)で

振りをあわせて踊る人たちの総称。

ま、ひとことで言えば「ワル」「不良」

img_1470593_47140049_1

沖田浩之さんも、そんな空気感をウリにデビューした感じでしたが、

ドラマ金八先生では真逆の優等生ながら、

家庭環境に思い悩む生徒を好演。

 

その後は、ご本人の本心とは違うアイドル歌手路線に。

1984年7月、歌手活動最後のコンサートを行う。

個人事務所を開設したりした後、

津川雅彦氏が代表を務めるグランパパプロダクションに移籍。

本格俳優として歩み始める。

 

その道途中での自殺。

 

津川雅彦氏「顔を洗って出直して来い!そう言ってやりたい」

と涙ながらに語る。

一部では、津川雅彦さんから

「甘えるな!」と突き放され、

失望感から自殺に陥った。

など言われていますが、

まったく違います。

津川さんは沖田さんのことを後継者として、

厳しくも愛情を込めて指導していたのだと思います。

しかし、結末は自殺。

津川さんは、人を育てることを封印されたのでしょう。

 

 

人間、本当に悲しいと怒りがこみ上げてくるのかもしれません。。。

 

 

沖田浩之さん、自死の理由考証に戻ります。

実は、沖田さんの祖父・父・兄までもが自殺していたのです。

祖父・・弁護士だった祖父は、担当事件絡みで正当性を主張するために自殺

 

・・不動産、ゴルフ会員権などを扱う会社を経営。

その後、経営をまかせた長男(沖田浩之さんの兄)の乱脈ぶりに

バブル崩壊が重なり、多額の債務を抱えることに。

平成8年9月「自分の生命保険で、会社の損失を補填してほしい」と首吊り自殺。

 

・・平成9年12月、ガンで死去。

 

・・両親の保険金は、会社の負債を埋めるために使われるはずだったが、

長男は保険金を会社に入れず、散財。

一説には裏社会と通じていて、カジノバーなどの裏仕事に手を染め、

闇金に手をだしていたとも。

沖田浩之さん自殺から3年後の2002年4月、首吊り自殺。

 

そして、沖田浩之さんは兄の連帯保証人になってしまったのです。

 

沖田浩之さんの自殺の原因は、

やはり、金銭トラブルが主原因だったようです。

兄の闇金?の保証人になっていたという噂がある沖田浩之さん。

兄が返済不能に陥り、督促が沖田さんのところへ。

そのため、「歌はやらない」と決意していた沖田さんですが、

アニメソングの仕事を引き受けたりするようになったとのこと。

 

それでも返済がままならず、滞りがちになり。。。

光り輝く世界で格好良く生きてきた沖田浩之さんには、

借金取りに追いかけ回される格好悪さが、

心身共に堪えきれなかったのでしょう。。。

そこに3世代4人が自殺という正確遺伝子が合間見えたのでしょう。

性格遺伝子というのは医学的・科学的にも実証されているとのことで、

オカルトでもなんでもありません。

 

【まとめ】

光り輝く世界を

瞬く間に駆け上がっていった沖田浩之さん。

心身ともに堪きれないほどの金銭問題が発生。

正確遺伝子も合間見え、

自死を選んでしまったと、

考証します。

 

いずれにいたしましても、

沖田浩之さんのご冥福を

心からお祈りいたします。

 

スポンサードリンク




 

 

追伸

2017年3月7日、テレビ朝日系列

“最悪体験再現バラエティー”『芸能人が実体験を告白!最悪の一日』

という特番で、女優の川上麻衣子さんが出演。

沖田浩之さんと川上麻衣子さんは「金八先生」で、

恋人同士の役で共演。

それ以降、公私に渡り「兄妹」のようなおつきあいを

されていたとのこと。

 

当時、結婚生活がうまくいっていなかったという川上麻衣子さん。

川上さんはパニック症を抱えてしまい、苦しんでいたとき、

とあるパーティーで偶然沖田さんと再会。

沖田浩之「聞いてほしいことがある」

川上麻衣子「舞台で明日早いから、今度聞くね・・・」

軽くあしらってしまったとのこと。

帰宅後、改めて電話をもらった川上さん。

沖田浩之「どうかしたの?何かあったの?」

川上麻衣子「元気だよ」

と冷たく答えてしまったのこと。

それから1カ月もしないうちに、

沖田さんは自死・・・

「何かあったら、ちゃんと話せよ」

というのが、沖田さんと川上さんとの間での最後やりとりになってしまいました。

 

18年経った川上さんが思うことは、

「話を聞くよ」と言ってくれていたヒロくん(沖田浩之)は、

実は、話(悩み)を聞いて欲しかったのではないか・・・

それを気づけず、冷たくあしらってしまったのが一生の後悔とのことでした・・・

 

 

「気づく」って本当にむずかしいことですから・・・

関連記事

  1. 848x480x4ce9a6868671ec749d0cd4fe

    半沢直樹 堺雅人 名言集・名台詞集

  2. dgz2152

    さよなら渓谷 あらすじ ネタバレ

  3. img_1252635_63475459_10

    トモダチコレクション 関ジャニ∞ ジャニーズ QR

  4. IMG_2746

    有名人の卒業文集

  5. m_E99BB2E381AEE99A8EE6AEB53

    雲の階段 あらすじ 結末 渡辺淳一

  6. 40da7f6ef14e9e88de2ecbf143be50241-300x212

    ノンシリコンシャンプー 加齢臭 ノンシリコンシャンプーとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP