韓国 通貨スワップとは?通貨SWAPとは?

韓国側から、延長の要請がない場合、

日本と韓国間で締結されている「通貨スワップ」を

7月3日の期限切れで打ち切る方針とのこと。

で、「通貨スワップ」ってなに?

bank-of-japan

swap・・・「交換する」

通貨を交換するんですね。

なんのために?

外貨不足や通貨危機などの時、

国債などを担保に

あらかじめ定められたレートで、

相手国の通貨と自国の通貨を融通し合うこと。

し合うとあるが、日韓に於いて、日本が融通してもらうことは、

そうそうない。

要は、韓国が自国の通貨介入をやり過ぎて、

お金がなくなっちゃったり、

経済が落ち込み、政府が何かしらやらなければならないけど、

お金がなかったりしたとき、

国際的に認められていない・流通していない「ウォン」では、

出来ることが限られてくる。

そんなとき「円」ならば、すべてを解決してくれるといった寸法。

で、スワップ交換により、韓国は国際通貨としても認知されている「円」を手にし、

通貨危機を脱することができるということ。

日本側も円高抑制など、微細にメリットはある。

しかし、根幹は韓国に対する手助け・援助。

そんな、日韓スワップ協定。

韓国側は政治的背景を強く押し出し、

今回、延長申請せず。。。

どこまでやせ我慢ができるか。。。。

やせ我慢がしきれれば、

それはそれでかっこいいですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です