高島忠夫の現在 病気 家政婦事件とは?

2013年6月18日、19:00~フジテレビ系列のカスペにて、

「独占密着!真実の高島ファミリー『忠夫さん、死ぬまで一緒やで』~寿美花代 献身愛で闘う夫の病~」が

放送されます。

130611-239_01

2ヶ月間、高島夫婦に密着したドキュメンタリー形式とのこと。

高島忠夫さんは、15年前、68歳のとき、「重度のうつ病」を発症し芸能活動を休止。

その後、糖尿病、パーキンソン症候群、心臓病、足腰の弱りと、

多くの病気を抱えておられるとの琴。

3年前には不整脈で15時間にも及ぶ手術を受け、

心臓にペースメーカーも付け、闘病生活を送られています。

 

そんな高島忠夫さん、奥さまは言わずと知れた寿美花代(すみはなよ)さん。

元宝塚歌劇団、男役のトップスターでした。
2013年現在81歳とのことですが、スタイル抜群でお美しいですね。

 130611-239_03

そんな高島夫婦は、芸能界随一のおしどり夫婦として有名ですが、

その人生は大変、波乱万丈です。

検索ワードにも「高島忠夫 家政婦」とあるように、

家政婦さんとなにかあったのでしょう。。。

そのなにかとは。。。

 

昭和39年8月24日午前3時頃、当時34歳の高島忠夫さんの自宅にて、

長男・道夫さん(当時生後5ヶ月)が風呂の浴槽で溺死している姿を

お手伝いのY子(当時17歳)が発見。

警察が急行し、現場検証・捜査を開始。

Y子「工員風の怪しい男を目撃した」

と証言。

しかし現場は荒らされておらず、強盗ではないこと、

Y子の証言が曖昧であることなどから、

警察はY子を追及。

そして同日の昼過ぎ、Y子は道夫さんの殺害を自供。

Y子「道夫ちゃんが生まれる前までは自分が可愛がられた」

「道夫ちゃんがいなくなれば。。。」

という嫉妬が犯行動機でした。

 

ほかには、

122c_takashima

ドラマ化もされた、高島忠夫さん著の書籍に書かれていた内容で、

知らない間に高額の物件を購入していた(させられていた)とのこと。

要は多額の借金を背負うことに。

 

そんな高島夫婦の今を密着した番組。

・“寿美花代流”老老介護の現実

・残りの人生を少しでも楽しく幸せに生きようとする寿美花代の姿

・痛ましい長男の事件について

・息子2人について

・7年ぶり、高島ファミリー集結

・息子から見た高島夫婦

・高島家、最後の家族旅行

と興味が尽きない内容に。

2013年6月18日19:00~ですよ。

 

 

追伸

寿美「忠夫は私を本当にお姫さまのように優しくしてくれた人。今はその恩返し」

こんな夫婦になりたいですね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です